美容室できるカラーにはどんな種類がある?特殊カラーについてもご紹介

美容室できるカラーにはどんな種類がある?

女性の方でしたら、美容室でカラーの施術を受けられた経験があるという方も多いかと思います。実は美容室のカラーにはさまざまな種類や施術方法があることをご存知ですか?そこで今回は、美容室のカラーについてご紹介させていただきます。ご自身の施術の際に参考にしてみてください。

カラーの種類①染める範囲による違い

フルカラー

フルカラーとは文字通り「髪の毛全体」=「フル」をカラーリングしていくというものです。髪の毛全体を均一にカラーリングしたい場合にはこのメニューをオーダーするといいでしょう。

リタッチカラー

全頭カラー=フルカラーすると一か月から二か月ほどで根元の方から地毛が伸びてきます。その見た目から「プリン」とも呼ばれます。全頭をもう一度染め直すという方法もありますが、染まっていない根元のみをカラーリングすることにより再びカラーリングを楽しめるという方法もあり、その施術をリタッチと呼びます。長くカラーを楽しめる他、染める範囲が狭いので髪の毛に負担がかかりにくく、お財布にも優しい施術方法です。

カラーの種類②染める薬剤による違い

ヘアカラー(アルカリ性カラー)

髪の毛のカラーといえば真っ先に思い浮かぶのがこのヘアカラー。薬剤を塗布するだけで、髪色を簡単に変えることができます。髪の毛は、表面がキューティクルで覆われており、キューティクルの下にある毛髪の中には“メラニン色素”という成分が含まれています。このメラニン色素があるため、私たちの髪の毛は黒く発色しています。ヘアカラーとは、薬剤で髪の表面のキューティクルを開き、メラニン色素を脱色すると同時にカラー剤成分で染色していきます。脱色して染色するため、ヘアカラーはキレイな発色で髪の毛を染めることができるのです。

キューティクルをめくるため、髪の毛に多少ダメージが残ってしまうことが難点ですが、最近では髪に優しい処方のヘアカラー剤もたくさん登場しています。どうしてもダメージが気になるという方はトリートメントメニューを追加されると、ほとんど髪にダメージが残すことなくカラー施術を行うことができます。髪質にもよりますが、2か月程度色持ちします。

ヘアマニキュア(酸性カラー)

毛髪の内部にまで働きかけ髪を染めるというヘアカラーに対し、ヘアマニキュアは髪の表面をコーティングしてカラーリングするという施術です。髪が傷むことはほとんどなく、髪をコーティングするため艶やハリを出す効果があり、紫外線やホコリから髪を保護してくれる効果があります。しかし、脱色するわけではないので髪色を明るくすることができず、暗い髪の毛に塗布しても、ほとんど色味の変化を感じることはできません。また、洗うたびに色落ちし4週間くらいで元通りの髪色になります。艶を出しながら自然な色味でカラーを楽しみたい、ダメージが気になるという方はヘアマニキュアがおすすめです。

カラーの種類③ヘナカラーとは?

ヘナカラーとは天然自然成分の「ヘナ」の葉を用いてつくられた薬剤によるカラーリングのことをいいます。主に白髪染めとして用いられ、天然成分のみでつくられているので髪や肌への負担が一切ない、というのが最大の持ち味です。ヘアマニキュアと同じく、メラニン色素を脱色する成分がないので髪を明るくすることはできません。全頭白髪染めの場合にはヘナの見本カラーのような発色を期待できますが、黒髪を染めることができないため、黒髪と白髪が混じった頭髪の方は地毛の色に合わせたヘナ剤を選ばなければいけません。髪や地肌だけでなく環境にも優しいヘナ剤は安心で安全ですが、明るさの調節や見極めが非常に難しく、難易度が高いカラー剤とされています。

特殊カラーとは?

最近よく耳にする“特殊カラー”。髪を色鮮やかなピンクに染めたり、色とりどりのメッシュを入れたりといった施術は、全て特殊カラーにあたります。特殊カラーの中でも特に人気の施術をいくつかご紹介していきます。

・ブリーチ
ブリーチとは英語で“脱色”を意味する言葉です。文字通り髪の毛の中にあるメラニン色素を脱色します。ブリーチされた髪の毛はメラニンが少なくなるにつれて黄色、金色、白色と変色していきます。

・ダブルカラー
アッシュ系やレッド系などの鮮やかな色味の髪色にしたい場合には、一度ブリーチで脱色してからヘアカラー剤を入れる必要があります。その際に行う施術のことをダブルカラーといいます。また、ヘアカラー剤の代わりに色鮮やかなヘアマニキュアで髪を染めると、ピンクやオレンジやグリーンなどかなり個性的な髪色を楽しむことができます。

・ハイライト、ローライト
フルカラーを行った髪に、明度や彩度の異なった色味をデザイン的に配置してメッシュ状やブロック状に染めていく施術です。ベースカラーより明るく見えるものをハイライト、暗く見える物をローライトといいます。

しかし、個性的な髪形を楽しむことができる特殊カラーですが、髪の毛を極端に痛めてしまうというデメリットもあります。自分の髪の性質や状態を知り尽くしているスタイリストさんと相談のうえ、慎重に行ってください。

まとめ

カラーとひとくちに言っても、その種類はさまざまです。いろいろな薬剤や手法がありますが、髪の毛の状態や性質は十人十色のため、染まりやすさや髪のダメージの受け方も人によって違います。同じメニューでもひとりひとりに合った施術やアフターケアが大切になってくるので、カラーのメニューを決める際にはスタイリストさんとよく相談してから決めるようにしてください。

豊富なカラーのメニューがある美容室をお探しなら「DIAMOND MOON」に一度お越しください。髪の毛を労わりながら行うカラーメニューも豊富な美容室です。

 



お問い合わせはこちら

住所:東京都足立区竹ノ塚5-18-4 リバティ竹ノ塚101
営業時間:平日10:00~20:00 日祝9:00~19:00

03-3860-0830

足立区竹ノ塚の美容室 DIAMOND MOON

足立区竹ノ塚駅から徒歩5分の美容室 DIAMOND MOON はオシャレでかわいらしくがコンセプトの美容室です。
海外の街並みをイメージしたモダンで落ち着いた店内では、世界各国から集められたアンティークインテリアたちが、
「居心地の良さ」にこだわった癒しとゆとりの空間を作り出しており、ゆったりとくつろぎながら施術を受けて頂くことが出来ます。
施術メニューは、カット、カラー、パーマ、縮毛、トリートメント、ヘッドスパ、ヘアセット等をご用意し、お客様の様々なご希望にお応えします。
施術前のカウンセリングからアフターケアまで、確かな技術と丁寧な接客でお客様をお迎えしますので、いつでも、お気軽にお問い合わせ下さい。

Reserve