美容室のパーマにはどんな種類がある?メンズにおすすめなパーマもご紹介!

 

メンズにおすすめなパーマもご紹介!

皆さんは普段、美容室でパーマをかけられますか?日々美容技術は進化しており、時代の流れと共にパーマの技術や薬剤の種類も増えてきています。従来のコールドパーマの他に、スチームを当てて髪をケアしながら行う水パーマや、パーマのかかりにくい人でもキレイなカールをつくることができるデジタルパーマなど、さまざまな種類があります。そこで今回はパーマの種類や施術用法、所要時間などについてご紹介していきます。

パーマの種類①コールドパーマ

まずは、パーマの種類についてご説明していきます。パーマは大きく分けると“コールドパーマ”と“ホットパーマ”に分けることができます。名前の通り違いは「施術の段階において加熱を行うか行わないか」という点です。コールドパーマの種類には“クリープパーマ”、“水パーマ”、“コスメパーマ”があり、ホットパーマには“デジタルパーマ”、“エアウエーブ”があります。このエアウエーブというパーマはまだ普及しておらず、全国でもまだ数えられるほどのお店しか導入していないため、今回はエアウエーブを除いた4つのパーマについてご説明していきます。

コールドパーマとは?

コールドパーマは、水に濡れているときにウエーブが強くでますが、乾かすと緩やかになるという特徴があります。乾かす時には髪の毛を引っ張りすぎない、ジェルやムースタイプのスタイリング剤を使ってスタイリングします。個人差はありますが、一度施術すると1か月~4か月ほど持ちます。

コールドパーマの種類

・クリープパーマ
コールドパーマというのは2種類の薬剤を用いて行います。ロッドやピンなどで髪の毛をカールさせた状態を保ちながら1液で髪の毛の結合を切り離し、一度洗い流したあと、2液で再び髪の毛を結合しなおさせ、カールの形状を作りだすというものです。薬剤を使うことは少なからず髪の毛にストレスやダメージを与えてしまうのですが、クリープパーマは1液から2液の間の工程の際に髪の毛を一度乾燥させることにより、髪にかかるストレスを軽減させるというメリットがあります。

・水パーマ
水パーマとは施術中にスチーマーを用いて髪や頭皮に潤いを与えることにより、ダメージを軽減させながら行うというパーマ方法です。施術時間が短く、髪の毛の負担も軽減できますが、パーマがかかりにくいというデメリットがあります。

・コスメパーマ
髪の毛に負担をかける薬品の配合を少なくした、化粧品に分類される薬剤を用いて行うパーマのことをコスメパーマといいます。ダメージが少なくナチュラルな仕上がりになりますが、髪質のよってはパーマがかかりにくく、すぐにウエーブが落ちてしまうことがあります。

パーマの種類②デジタルパーマ

コールドパーマが水に濡れた際にウエーブが強くなるのに対し、デジタルパーマは髪の毛が乾くとウエーブがでてくるという特徴があります。デジタルパーマの登場により、従来パーマがかかりにくい髪質の方でもしっかりパーマを当てることができるようになりました。またデジタルパーマは、まるでコテで巻いたかのような綺麗なカールが表現できるため、スタイリングがしやすいと人気を集めています。

デジタルパーマは縮毛矯正と同じ薬を使うため、縮毛矯正と同時施術も可能になっていますが、デジタルパーマや縮毛矯正に用いる薬剤は強いため、その分髪の毛へのダメージも強くなります。何度もかけるのはおすすめしませんが、1度かけると半年前後と比較的長持ちするパーマです。

メンズにおすすめのパーマは?

一昔前まではパーマをかける男女比は圧倒的に女性の方が上でした。しかし、最近では男性がパーマをかけることはいたって普通のことになり、街中でもパーマスタイルの男性をよく目にするようになりました。しかし、中には「失敗するのが怖い」「どのようなパーマをすればいいか分からない」とパーマに踏みきれないという男性の方もいらっしゃるかと思います。そこで次に、男性におすすめのパーマをご紹介しましょう。

・ピンパーマ
ピンパーマとは、パーマをかける際に用いる筒状のロッドという道具は使わず手や細いクリップピンなどでカールの状態を固定し、パーマをかける手法です。短い髪の毛でもパーマをかけることができ、仕上がりもナチュラルなため、メンズパーマ初心者の方に大変おすすめです。束間のある現代風なヘアスタイルに仕上がります。

・ツイストパーマ
ロッドを使わずに指や細いクリップピンでカールを作るという手法はピンパーマと同様ですが、その際に髪の毛をねじりながら行うため動きのある毛束やシルエットを楽しむことができる手法です。ねじりを強くするほどダイナミックな動きが出て、ウエーブがはっきりと出ます。

・スパイラルパーマ
スパイラルパーマとはロッドに髪の毛を巻き付けてウエーブを表現する、もっともオーソドックスなパーマです。ロッドの長さや大きさを変えることにより、ウエーブの仕上がり方が変わります。

パーマにかかる時間はどれくらい?

美容院でパーマを行う際に気になることのひとつが所要時間ではないでしょうか。パーマやカラーはカットとは違い、施術方法や髪質、髪の状態により所要時間が大きく変わります。

もっとも早く仕上げることができるのが“水パーマ”、“コスメパーマ”です。放置時間がさほど長くはなく、1時間から1時間半ほどで仕上げることができます。その次がクリープパーマで、1液と2液の間に髪の毛を乾燥させる時間がプラスされるため、その分時間がかかり所要時間は2時間程度になります。そして最も時間がかかるのがデジタルパーマ。デジタルパーマ専用の機械を使い、加熱しながらパーマをかけていくので時間もたっぷり3時間かかります。デジタルパーマの予約を入れる際には、次の予定までの時間に余裕を持たせるようにするといいでしょう。

また、お店の混んでいる場合や、パーマがかかりにくい髪質の方の場合はもう少し時間がかかる可能性もありますのであくまでも目安として参考にしてください。

まとめ

自分のイメージ通りのパーマスタイルを実現させるには、パーマの種類の選定が大きなカギになります。しかし自分の髪質や髪の状態をきちんと把握せずにやみくもにパーマをしてしまうと、思ったよりパーマがかからなかったり逆にきつくかかりすぎてしまったり、髪が傷んでしまったりということになりかねません。そうならないためにも、スタイリストさんときちんと相談して、自分のなりたいスタイルにはどんなパーマが最適なのか、髪質や髪の状態ではどのようなパーマを用いればよいのかなど、じっくりと決めるようにしましょう。

「DIAMOND MOON」では、ひとりひとりに合ったパーマメニューを、お客様と相談しながら決めさせていただきます。髪の毛をケアしながらできるパーマメニューもご用意していますので、お気軽に相談ください。

 



お問い合わせはこちら

住所:東京都足立区竹ノ塚5-18-4 リバティ竹ノ塚101
営業時間:平日10:00~20:00 日祝9:00~19:00

03-3860-0830

足立区竹ノ塚の美容室 DIAMOND MOON

足立区竹ノ塚駅から徒歩5分の美容室 DIAMOND MOON はオシャレでかわいらしくがコンセプトの美容室です。
海外の街並みをイメージしたモダンで落ち着いた店内では、世界各国から集められたアンティークインテリアたちが、
「居心地の良さ」にこだわった癒しとゆとりの空間を作り出しており、ゆったりとくつろぎながら施術を受けて頂くことが出来ます。
施術メニューは、カット、カラー、パーマ、縮毛、トリートメント、ヘッドスパ、ヘアセット等をご用意し、お客様の様々なご希望にお応えします。
施術前のカウンセリングからアフターケアまで、確かな技術と丁寧な接客でお客様をお迎えしますので、いつでも、お気軽にお問い合わせ下さい。

Reserve